マウスピース矯正はまるで魔法|着脱自由で気分爽快

女医

進行した虫歯の対処法

歯医者

歯の機能を復活させる

根管治療というのは、歯の中で血管や神経が存在する根管と呼ばれる部位の汚れを落としたり洗浄や消毒を行うことで炎症やそれに伴う痛みなどを鎮静させる治療になります。炎症が起きている部位に薬剤を挿入して更にそこに詰め物や被せ物をすることで、炎症が起きる前のように歯の機能を回復させます。根管治療が必要となるのは、虫歯やその他炎症が根管まで進んでしまった場合や以前に受けた根管治療の症状が悪化した時などです。歯を抜いてしまうことは簡単なことですが、一度抜いた永久歯は再び生えてくることはありません。歯を一本抜けば、その上や下の歯も支えがなくなることで抜けやすくなるので出来る限り残せる歯は残したほうが良いと考えられています。

十分な休養を取ること

歯科で根管治療を受けることになると、人によって歯の生え方や状態も違うので治療が終わるまでに数か月かかることがあります。場合によっては痛みが強く出ることもあるので、治療にはある程度体力が必要になります。体力が落ちていると、その分回復も遅くなるので根管治療を受ける間は出来るだけ休養を取るようにしてゆっくり休むと良いと言われています。また、歯が一時的に不安定な状態になるので硬いものなど噛みにくいものは食べるのを避けて反対側の歯で食べるようにすることも大事です。その他にも、治療を途中で止めると口の中に細菌が広がってしまうことになり治療している歯以外の歯にも良くないので時間の余裕を見ながら治療を行う必要があります。