マウスピース矯正はまるで魔法|着脱自由で気分爽快

女医

歯をもっと綺麗にする

わらい顔

部位で使い方を変える

デンタルフロスとは、歯と歯の間の汚れを落とすための細長い糸のようなもののことを言います。歯ブラシを使って歯磨きをするだけでは、表面の汚れや大きな汚れを落とすことが出来ても細かな汚れは落とし切れていないことが多いからです。デンタルフロスは、部位によって使い方を変えると良いと言われています。上と下の前歯の汚れを落とす時は、片方の親指ともう片方ほうの人差し指を使って上の歯は上向きにデンタルフロスをスライドさせて下の歯は下向きにして使います。奥歯は、上のほうは両手の人差し指を使って上向きにスライドさせ下のほうは同じように両手の人差し指を使って下向きに汚れを取ります。糸はしっかり張った状態で、あまり力を入れずにゆっくりスライドさせるのが正しい使い方です。

歯科医もすすめるケア方法

デンタルフロスを使ったケア方法は、歯科医も勧めている方法になります。現代では、食料が豊富で食事以外にもお菓子など常に何かを食べることが出来る環境があり実際に一日の中で間食をする人は多いです。しかし、食事の後に歯磨きをしても間食した後に歯磨きをする人は少なく汚れが蓄積されて歯垢のもとになることがあります。歯と歯の間には、目で確認しても見えない汚れも溜まりやすいので適度にデンタルフロスを使って汚れを落とすと良いと言えます。デンタルフロスを使うことで、歯と歯の間が狭くブラシでは落とせない汚れも落とせるようになり歯の健康に繋がると考えられています。虫歯や歯周病などの病気を防ぐためにも、歯ブラシとともにデンタルフロスを使うことは欠かせません。